御幸毛織

御幸毛織は、1905年に織布工場・染工場を建設して創業した高級紳士服地メーカーで、今では大同毛織(≒ダイドー)と並ぶ日本を代表する服地メーカーです。

生産工程に関しては、オーストラリアに独自の牧場である『ミユキ牧場』を持つことで、最高級の原材料を確保し、原材料の紡績から仕上げまでの一連の工程を、名古屋の自社工場で一貫生産しています。また、厳しい社内基準により品質管理を徹底しており、これらのこだわりを持って作られる服地の品質は、世界的に高く評価されています。

この徹底した品質管理は、「ウールはゆっくりゆっくり作る」という独自の理念に基づいています。

ウールを静かに寝かせることで天然素材の風合いを引き出したり、洗いの工程に天然石鹸を用いたりする一方で、「アクアプルーフ」といった撥水加工を用いるなど、最先端の技術と古典的な手法を上手に組み合わせた服地作りを行っています。

御幸毛織の代表的な生地のひとつに、同社の誇る最高級ブランド「ナポレナ」があります。

「ナポレナ」は、厳選された良質の原料のみを使用し、独自の仕上げ方法によって練り上げられた御幸毛織の最高級服地ブランドで、手間暇かけて丁寧に作り上げられた逸品といわれます。

「ナポレナ」の他にも、創業百周年の記念として2005年に立ち上げられた新ブランド「エムズアーク」も「ナポレナ」と並ぶ御幸毛織の人気ブランドです。

クラシックを基調に、「洗練された新しさ」と「上質なクオリティ」という2つのコンセプトをもつ「エムズアーク」は、主要デパートや高級オーダー売り場などで売られています。

また、御幸毛織は「ナポレナ」、「エムズアーク」などの自社ブランドを核として、デパートや百貨店などへ服地を販売する以外にも、有力なアパレル会社に対して、その高級既製服用の素材を供給しています。

国内ブランド

ダイドー
御幸毛織

[PR]»植毛»ネイルサロン